秋の肌枯れをケア

秋は、夏の間に受けた紫外線ダメージが表面化する時期です。
そのため、四季の中で肌が最も老化する季節といわれています。
今回は、秋ならではの肌状態と対策についてご紹介します。

秋の肌状態

ひと夏を越えた秋の肌は、“5歳老化する”といわれています。その理由は、夏の強烈な紫外線とエアコンの冷え、そして秋に進んでいく空気乾燥にあります。
まず紫外線によるダメージについてですが、地球上に届いている紫外線はUVAとUVBがあり、それぞれに異なる特徴があります。UVBは表皮に作用し細胞核のDNAを破壊する力があります。また日焼けによる炎症を起こしたり、メラノサイトを刺激してシミを作るのもUVBです。いわゆる“光老化”に強く影響しています。一方、UVAは真皮まで届き、肌弾力を支えているコラーゲンやエスラチンなどを破壊して変性させ、肌にシワやたるみを生じさせます。加えてコラーゲンやエラスチンを作る線維芽細胞にもダメージを与え、それらの産生量まで減少させます。
今年の夏はご自宅で過ごされた方が多いと思いますが、室内にいたら安心というわけではありません。UVAは窓ガラスを透過しますから、自宅にいても少なからず肌は紫外線のダメージを受けている可能性があります。
次に冷えについてですが、エアコンが効いた部屋で長時間過ごして体が冷えると、血流が悪くなり肌のターンオーバーが鈍化し角質がたまる、また健康な細胞が作れないことでくすみが現れます。またさらに、エアコンの風は肌の水分を奪うので、知らぬ間に肌乾燥も加速していきます。
秋は湿度が下がり空気乾燥が進みますし、気温も低くなって肌温度も下がると角質層の保湿力も低下しますから、ますます肌枯れ状態に。今夏は引き続きマスク生活でしたので、古い角質が溜まりやすい状態にもなっています。

秋のスキンケア

夏の肌ダメージをいち早く回復させて正常に機能させるためには、紫外線後のケアを行い、乾燥から肌を守り、ターンオーバーを促すスキンケアが重要になります。その鍵となるのは、やはり「保湿」です。
洗顔:肌の潤いを底上げするために、保湿成分が配合されたソープで、肌の汚れをやさしく落としましょう。
化粧水&美容液:肌のターンオーバーに必要なアミノ酸やミネラル、ビタミンなどが配合された化粧品を、肌内部にしっかりと浸透させます。
保護:セラミド配合の化粧品で、角質内部を保湿します。さらにホホバ油など皮脂膜に似た成分配合の化粧品で、肌表面を守ります。

これらのポイントを心がけて丁寧なスキンケアを続けることで、角質細胞の天然保湿因子(NMF)が増え、低下していた保湿力が少しずつ改善されて、皮脂がきちんと分泌されて、皮脂膜が作られます。それがバリア機能として働いてくれるので、肌の保湿力も上がっていくでしょう。

秋の肌対策

ダメージ肌を一刻も早く回復させるためには、スキンケアだけではなく、食事の栄養バランスも大切です。具体的な栄養素としては、肌のターンオーバーを活性化してくれる魚、肉、卵、大豆などの良質なタンパク質を不足しないように摂ること。タンパク質は肌をつくる主成分ですので、意識して摂取することが大切です。肌ツヤの低下は、タンパク質が不足しているサインともいわれています。
タンパク質以外では肌の潤いをサポートしてくれるビタミンA(緑黄色野菜・カボチャ・卵など)や、コラーゲンの生成を促してメラニン色素の沈着を防いでくれるビタミンC(柑橘系果物や柿など)、肌に新陳代謝を促してくれるビタミンE(ゴマ・ナッツ類など)、さらに細胞の再生を促すビタミB2(うなぎ・舞茸・卵など)、角質層の水分保持力を司るセラミド(しらたき・大豆・ワカメ)などをバランス良く摂る必要があります。体の新陳代謝を促し、ビタミンの吸収率を上げてくれるミネラルも大切な栄養素です。秋はこれらの栄養素を摂って、その上で適度な運動をして、十分な睡眠をとることで美肌を維持していきましょう。


ダメージ肌におすすめのアイテム

revitalserum
リバイタルセラム(美容液)
ふっくらと弾むような肌へ。
年齢や環境などによりダメージを受けた肌に、ハリやツヤをもたらします。
しっとり瑞々しい肌に整えます。
40ml ¥13,200(税込)

他の記事も見る

2022.07.25

夏のUV対策

2022.04.12

春のニキビ

2021.07.19

夏の整え肌